text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
no.178 AM 5:19
a0042120_903167.jpg

朝のこんな時間に日記更新。
180度違う生活時間帯で生活していたので急にいつもどうりに生活に戻れまいと思いきや軽く15時間睡眠を遂げた今日、未だ眠く無い。

それにしても東京には新しい物がひしめき合っていた。それにかっくいービジュアルも。
最近と言えば11月28日にあるant magazine主催インデペンデントイベント"adapt."の細かなことでひっきりなしに活動しているメンバーたち。
本当、頼りになる奴らです。俺も遅れを取り戻すべく頑張っています。

というものの今は部屋でまったり。今夜中のto doは全て終えフィッシュマンズベストを聴きながらカップラーメンを食べる。あぁ…いつもどうりだ。w

久々の自転車に乗ってみるとグングンスピードが出た。
どうしてだろうと考えた結果、毎日の様に屋上までの往復運動をしていたため急激に脚力がアップしたという結論に至りました。これぞ結果オーライ。

そして今日の会議は9割→真面目仕事話。残り1割→おすすめ漫画話でした。w
今度、漫画熱弁飲み会を開きたいくらいだ。

カップラーメンの話に戻すが
いつもラーメンを食べる際にスープを多分に残している
というのも残った汁に冷めたご飯をぶち込んで
キッチンでぐつぐつ煮ると
あら不思議。簡易ゲロおかゆの出来上がり。
見た目はネーミングの通り「ゲロ」っぽいのだが…
味がなかなかよい。うまい!
なんていう貧乏臭い日記…自分の経済水準ばればれな感じですが
気にせずアップします。

そのゲロおかゆの写真をアップしようと思いましたが
ネーミングとのあまりの近似に控えさせていただきました。
そんな貧乏臭い明け方。
そろそろ寝ます。
[PR]
# by nanook_mdfc5 | 2005-10-15 05:35
the daily sketch 2
a0042120_2422050.jpg

こんにちは。スバルです。
以前まで利用していたblogsiteからお引っ越しです。
ここなら2000字に制約されること無くのびのびと書けます。
上の写真はCET05で仲良しになった仲間との写真。
どれだけ楽しかったかは皆の笑顔が物語っているかな。
勝手にアップしてごめんね。おこっちゃやーよ。
それにしても
あったかいシャワー。
ぬくぬくの布団。
おいしいご飯。
3週間ぶりのTV。
今はすべてが新鮮。
あ、それとインターネットね。

空と風と
カビ臭い小屋で過ごした20日間。
屋上からは雲か鳥か青い空か太陽しかない世界は
今までにないくらい新鮮で気持ちよかった。
屋上のベンチで鳥の数を数えたり
退屈そうに地上を眺めたり

いっつも
ラジオからは
静かな音が
ボクらをつつみ
一日のささやかな変化に
なんどもおどろかされた。
トンボの羽根はどこまでも透明で
掴まえようとしたら逃げられた

1人で迷った東京迷路と
この迷いっこない東京の青空との
ギャップに驚かされもした

たくさんの見知らぬ人と話し
たくさんの友達ができ
たくさんの考えが頭を駆け巡った

ボクらの車は
退屈な会話と
疲れ切ったからだをのせて
日本列島を走り抜け
ボクらに新しい何かを
与えていった

時間がボクらにもたらした
新しい何かは
遠くもないけど
近くもない未来で
実を結ぶかもな。

たくさんの人の笑顔と励ましで
20日間と言う一瞬の漂流。

帰る場所がないことを
漂流というのだろうに
逆に帰る場所が沢山出来た。

そんな沢山の大事なあったかいものごとを
胸の棚にしまいこんだ上で
ボクらは次のステップに進む。
悲しいけれど別れはあるし
出会ったことの喜びがなによりもボクらを成長させた。

それらの
全部を抱きしめた。
それがこの笑顔かも。

次はどこへ流れていくのかなぁ
次は誰と出会うのだろうか
楽しいねすべてが。
[PR]
# by nanook_mdfc5 | 2005-10-15 02:58