text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧
no.682 退屈な1分
ろうそくに灯を灯す。
小さなろうそく用の小瓶に
火を消したマッチ棒を投げ捨てると
ジワジワと音を立てて、その炎をこそばゆそうにくねってみせた。

デスクに向かって淡々と退職届に記入する。
ドラマにあるような達筆で云々を書くこともなく
名前と住所と電話番号を記し、それを提出をする。
まるでレンタルビデオ屋でカードを発券するみたいに
容易く手続きは終える。

仕事もその量を日に日に減らしてゆき
午後を回ると手持ちぶたさで罪悪感すら感じる。
ぶらぶらと社内を歩いても皆急がしそうに仕事をし、
早めに家路を辿っても今までと違った生活がそこにはあって。
今まで僕が帰る時間には息をひそめていたのかと思うくらい
暖かい光がマンション群を何かの生き物のように彩っていた。

部屋を掃除して思うことは
なんて数の本なんだろう、ってこと。
それらは未だに魅力的で一冊一冊開いてしまう。
全然、部屋が片付かないのもそのせいか。

ろうそくがすべてを溶かしきって
一緒に投げ捨てたマッチ棒が透明なロウに沈んでいく。
このまま灯火が消えると
透明なロウは白く固くなりマッチ棒の亡がらは
恐竜の化石のように閉じ込められるんだろうな。
なんて想像を膨らましては、はがれ落ちそうなコンタクトレンズを
目をぱちくりとさせながら定位置へと運ぶ。

気がつけば2時。
寝すぎた今日は、睡魔がまだ目黒駅あたりで
僕の家まで届くには後、一時間くらいの道のりはあるのかもしれない。
取り留めないのない言葉を連ねただけの今日という日を
誰かの退屈な1分に召還できるのであれば書かない手はないと思う。

勢いで頼んだ辛みそラーメン大盛り。
消化しきったのか、また空腹感に襲われている。
何か食べよう。そして寝よう。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2008-02-29 01:47 | 日記
no.681 time
a0042120_0561598.jpg

CDをかけてマンガを読んだ。
今日は普通の人たちと同じ時間帯に帰宅し、ご飯を食べ、電話をし、日記を書く。
ろうそくに灯を灯し考えを巡らせ、思いついたわくわくをノートにメモをとる。
ピアノの優しい音とそれによりそうアコギの音に揺られて思考は、どこまでも僕を連れて行ってくれそうだ。

仕事の時間。
自分の時間。
後者をこの2年間なかったことにし、死にものぐるいで働いた。
アイデンティティの確立は後者なしにはありえない。
次はその“らしさ”を手に入れていこうと、
自分を磨いていこうと思ってる訳です。

時間は皆平等にあるんだけど
ぐーたらと過ごしてしまう日もあれば
シャキシャキとする日もある。
毎日毎日、そのペースは波打つんだけど
常にシャキシャキしていられたらいいのにな、とも思う。

次の生活で自分のペースをしっかりつかんで
自分らしさってのを再確認したいな。

意外と自分らしさってのは難しいもんだ。
ぐーたらしないのも、なかなか難しい。
そういうときは何かしら始めてしまう義務感を作らないとだめなのかもね。

さ、不思議な少年6巻と3月のライオン読んで考え事しよ。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2008-02-28 01:02 | 日記
no.680 合併!したい
書きたいことが何もないときこそ筆をとりなさい。
そう教わってそろそろ700個目の日記に到達しようとしています。
実はこのブログ以外にも気になったデザインやMVをメモしてるブログがあったり、Hitspaperでライターをさせて頂いたり、と複数のブログを更新する1年ちょいでした。

僕の尊敬する教授たちが口を揃えるようにこういいました。

"people as media"

僕がこのような人間にいたる良いキッカケをいただいた教授は、
数年前に他界してしまいましたが、この言葉は本当に21世紀を示唆するキーワードだとおもっています。

これまではTVや新聞などの権力が情報を発信/操作していましたが、
インターネットの普及により、誰でも自己主張ができ場合によっては、そこいらのTV番組より人が閲覧したんじゃないかという数字をはじき出します。

誰しもが自分の良しとすべきこと、悪と思うことを公言できる時代なんです。

そういうなかで結局、メディアの手のひらで仕事をしている僕は、自身をメディアととらえた自己プロデュースなしに今後、生き残っていくことは難しいだろうと思います。

様々なレビューや対談をさせてただく機会も増え、25歳をむかえてやっと大人としての挑戦ができそうな予感がしています。自分が発する言葉の意味も気分で書くということに対して前よりは少し責任を伴う物だと思い始めています。

なので700回目をめどにこのブログを閉鎖して、個人をメディアとして展開できるような、そんなサイトを構築しようかと模索しています。

交遊関係も広がり、海外までもつながりだしたこの機会に
自分の言葉と発する情報に一つ責任をもつべきかなと思った次第です。

個人プロジェクトみたいなもんですが、
今までの時代とは違って社会に動きに合わせて動いているだけでは、
生き残れません、確固とした自己主張と寛容性を備えた人物が、面白い挑戦や発想に富んだメッセージを投げかけれるんじゃないだろうか。

今ある"the daily sketch"と"sbr press"を合併!!みたいなことなんだけど
それ以上に言葉の重み、意味というものとしっかり向き合って
僕自身の言葉を鍛錬していきたいな、と思うのです。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2008-02-27 02:56 | 日記
no.679 代償
気になる映画が何本か。
a0042120_2423254.jpg

『アニー・リーボビッツ』
もう終わってしまったかも。DVDで見てみよう。
a0042120_2434821.jpg

『おそいひと』
重度身体障害者が犯罪を犯すと世界はどうなるのか。
物議をかもす内容だろうけど意味のある投げかけだと思う。
さぁ、どこでみれるだろうか。
音楽はworld's end girlfriend。

---

バスが過ぎ去るのを鼻で笑い飛ばす朝10:00。
東京の交通網は、異常なほどせっかちで
それを利用する人々も何かおいしい餌でも待っているのかと
疑うくらいに急ぎ足で満杯の電車やバスに乗り込む。

あと10分も待てば、ね、ほらすぐにくるのに。
それを知っている人たちがガラガラのバスでゆったりと
風の流れを眺めている。

少しずつ減ってきた東京での僕に残された仕事。
人は必要とされて輝く物だと再確認できた。
退屈は人をだめにする。

今日、ちらりと読んだテキストに

「やりたいことがなくってグダグダと過ごすことは良いけれど
 何かやりたいことが薄らとでもあるのに行動しないやつは、一番だめだ」

それにひどく共感して自分のギヤをもう一段シフトした。

帰りに電話をしながら、気がつけば白線の上を歩く癖。
白線を落ちたら地獄の八丁目。
でも、なんだ今なら地獄でもヘラヘラと笑ってしまいそう。
そうか、ここが地獄か、なんて観光気分で。

落ちることに恐怖を抱かない。
危ないのかな、どうなんだ?
そう義務教育で植え付けられただけの気もする。
ただドキドキしない日常を静かに終えるという未来は、
どうにも受け付けがたい。

今年は自分の知らなかったこと、見たこともないところにいってみる。感じてみる。言葉に出す。
年始早々、自分と向き合う時間が、さらに僕を加速させていくのを感じる。
同時に僕の周りでも様々な変化が巻き起こっている。
映画みたいな人生って、映画みたいな決断をさけているだけなのかもしれない。
いつだって、スクリーンに映される世界に魅了され、圧倒され、恋いこがれているのに自分の人生と言う名の映画は、自分でC級映画にしているようだ。

変えるのはいつも自分。
自分が変わればまわりが面白くなって
その世界に同じような仲間が増えて個性豊かなキャストが並ぶ。
変化を恐れて何を得るのか、何を知るのか、何を感じるのか。
変わってみないことにはわからない。
その角を曲がれば新しい風景かもしれない。
なら、行ったことのない道を選ぶほか、劇的なことは起こりえない。
映画を見るのにお金が必要なように
見たことない人生をむかえるのも、同様のリスクが伴うことを忘れてはいけない。

それが「時間」か「お金」か、もしくは「命」か。
いつだって差し出すさ。面白くなるならさ、なんだっていいだろ。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2008-02-26 02:47 | 日記
no.678 "someway"
a0042120_1272467.jpg

bonobosの『someway』という曲を友達のブログで拝見。
こんなPOPな楽曲もあるんだね。すごい良かった。
歌詞も素直でPVも面白い。

"バタフライ・エフェクト"という映画を見ました。
いや、面白かった。びっくりした。こういうの大好き。
一人で見るんじゃなかった映画終わった後って、
その映画について語りたいじゃん。今その気分。誰か来て。w

過去を変えることで未来は変わるんだろうけど
今は別段、変えたい理由はない。変えたとことでね。
そんなことはできない前提のさめた目線で見ても、
しっかり作り込まれてるね。面白かった。


avant gardenでティザー的に堤君に時計をつくってもらいました。
http://ovaqe.com/avant_garden/
ありがとう!!

ビール飲んでタバコを飲んでたら飲んだくれみたいで切なくなった。
後少しだけデザインして寝ます。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2008-02-24 02:39 | 日記
no.677 罪深き
コーヒー豆をする。
もう賞味期限をはるかかなたに置き忘れた豆は、
家の消臭剤やタバコの火消しにちょうどいい。
友達からもらった"ovaqe"クッキーをほおばる。

ボリボリ、バリバリ

幸せな破壊音が部屋に静かに響く。

今日は、一日中、家でデザインの作業をしていた。
忙しさにかまけて手を付けられていなかったものたちに
手を加える、久々すぎて、何が良いのか悪いのかわからなくなる。

そんなスランプ中に珍しく家のインターフォンがなる。
出てみると、どうやら宗教の勧誘でオバハンが突っ立ている。

「明日にでも世の中の罪をなくす方法を・・・」

と話している最中にドアを閉めたった。
心にもっとも近い存在である宗教を広めようとしているくせに
目も合わせずに淡々と話すのだ。おかしなやつめ。
幸せな休日のしかもスランプ中に
アホなことをほざくオバハンの方が、よっぽど罪深いと思ったが、
それを心の奥にそっとしまっておいた。大人だし。
a0042120_17273913.jpg

そろそろだね。WEBもいそがなきゃだ。
a0042120_17275449.jpg

こっちもそろそろWEBを用意しないと。

さ、久々に晩ご飯作ろうか。
って、レトルトのパスタしかない強風吹き荒れる東京。
外に出る気もせずにしょうがなくキッチンに火を灯す。
またミートソーススパゲッティか・・・。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2008-02-23 19:03 | 日記
no.676 やさしい時間
久々に死んだように眠りに落ちました。
これまで膨大に抱えていた仕事の数々を少しずつ片付けて
ようやくトンネルの向こう側が見えてきた感じ。
ようやく。リセットできそう。

今日は疲労の爆発かタスクの少なさが災いし
目を覚ますと11時。
俗にいう寝坊ってやつですが、常習犯な僕と言えば
当たり前のようにシャワーを浴びて、なんなら少しネットサーフィンもして
12時出社をきめこみました。

しかも7時には仕事を終え、表参道でhitsのアラタさんやWitの兼松夫妻とクリエイティブから納豆キムチの話まで気がつけば4時間ほど言葉を重ね、かなり気持ちのよい時間。
とっても理想的な夫婦でした。

皆、それぞれの思惑を浮かべて
夢想する未来は、なんだか負けてられないってくらい楽しそうで
最年少な僕もそれに肩を並べて頑張りたい、そう思う夜だった。
本当に僕は最良の人々と出会えている気がする。

何か恐ろしい光景の最終電車を眺めて優雅に帰宅。
東京はなんだか生き急いでいる人が多い。
明日はヒッキーとの飲みだ。悪巧んじゃおう。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2008-02-23 01:07 | 日記
no.675 一緒にいこう
a0042120_1123987.jpg

タバコを3本。
電話しながら吸い終えていた。
次の会社の就業規則に目を通す。
パスタをゆでてレトルトソースをかけてほうばる。
そして、また一本。煙をくゆらす。

音楽を聴いて
考え事をする。

洗濯機を真夜中にまわして
真冬の外に寒がって干す。

歌を口ずさむ。
日記を書く。
絵を描く。

東京での生活も残り1ヶ月をきっていた。
同期の計らいで残りの日数の少なさをじんわりと感じた。

今日は2年間お世話になった案件の最後の撮影。
最後まで一生懸命で笑顔に満ちた僕の大好きな仕事だ。
ここで得た物をいつか皆に返さなきゃ。
心身ともに僕を育ててくれた人たちとのラストスパート。

そして社会人として
1年目の俺を新卒扱いせずに
物作りの人間として厳しくしていただいた
お客さんとの打ち合わせで
寂しいです。
と言ってくれた。そして、また仕事しましょうねって。
それが僕は心から嬉しくて、正直、ちょっと泣きそうだった。

誰も僕のこの選択を否定もせず、
寂しいけど応援してくれるといってくれたことが
これから何十年と僕のガソリンとなってくれる。
そして、そばで応援してくれる人がいる。

この皆に対する気持ちも
僕と一緒にいてくれる君も
なんがか予測不可能な未来も
全部全部まとめてさ、一緒にもっていこう。

身体はいつも世界のどこかをふらふらと放浪しているんだろうけど
出会った人たちみんなの心とともにあると
そう確信させられる今日この頃だ。
ありがとう。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2008-02-22 01:25 |
no.674 avant garden
a0042120_34333100.jpg

myzの主催にのりで便乗した"avant garden"が1ヶ月を切りました。
サイトのデザインしてんだけど時間なくて遅れ中。ご迷惑おかけします。
それにしてもメンツは最高。いい音だらけでふわふわ浮いちゃいそうです。
ぜひ来てね。俺の東京最終日です。すごいタイミングだこと。

そうそう僕の同期が3.14(FRI)に送別会をやってくれるようで
それに合わせて僕の友達もよんじゃえと思い、
卒業祝い+俺の送別会+ただ騒ぎたいだけという感じのメンツで
中目黒コンバインを貸し切ろうかと思ってます。
友達パーティーピーポーばっかだから祭りばっかだ。w
でも、楽しそうじゃない?たぶん30人くらい集まるんじゃないかな?
暇な方はどうぞ。


さて、最近はまってる「大橋トリオ」をご紹介。
a0042120_3475251.jpg

もともと映画音楽やCM音楽をメインにやっていたそうなんですが、
めちゃくちゃいい。声がやさしくて、彼の醸し出すうっすらとした哀愁みたいなものがアコギにめちゃくちゃ合っていて、東京砂漠で空を見上げたくなるほど心地よいです。
とくに映画バームクーヘンのテーマ曲が大好き。
優しい感じ+哀愁って最強だね。

さー4時です。明日は8時起き。撮影です。
やばい。。。寝ます。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2008-02-21 03:50 | 日記
no.673 BBS
借りたDVDを延滞して二日経過。
見ようと思って借りたけど
意外と忙しいことに借りてから気づいて
このまま見ずに明日の朝返却。

ご利用は計画的に。
と金貸しが口をそろえて唱えますが
それはお金に限らず時間もそうなんだね。
もっと考えて行動しないと。

ってことで
今日は先週のレイジに続いてBBSのワンマンに。
チケットを誰かくるだろうと二枚購入するも
1枚あまったまま会場入り。もったいな。

BBSは毎回思うけど未来のクラブ。
汗かくことを良しとする民族みたいに
皆、ピースフルに良く騒ぐ。
女性なんかも化粧なんか根こそぎ落ちてて
気にすることもなく笑顔。

男どもゴリゴリおどって叫んで騒いで
今日もしらん奴らとモッシュモッシュ。
なかなか興味ない人は入りずらい空間かもしれないけど
皆で汗だくで知らんやつとハイタッチや抱擁するなんて
あんな空間でしかできないから。
人間もっと馬鹿でなきゃいけないと思う。

結局、アンコールが2回もあって
ライブ終了後には地面に倒れ込む人々。
外が極寒。熱を奪う代償に身体から湯気がお風呂のように出ていた。

ライブ後のタバコは身体の隅々まで届いてる気がした。
友達と別れて何もなかったように電車で読書。
身体中が少しずつ固くなっていって
明日には首も曲げられなくなる。

あらゆる知識や
あらゆる空間や
あらゆる雰囲気を
知らないでいることは
それはそれでいいのかもしれないけど
今日みたいな空気を共有できない人もいるのかと思うと
もったいない気もするし、見せてあげたいなとも思う。

知らないことに触れて始めて
こんな風景があるんだなーと思うから。
これからもっと自分の知らない
ましてや興味もないことに触れてみようと思う
そんな極寒の夜、汗だくな僕でした。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2008-02-17 23:27 | 日記