text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧
no.512 ぶっ込みます。
ちょっと一杯ひっかけて帰ろう、と上司とボクの部下と1時間半くらい飲んだ。

結局、3杯飲んで店を出る。

高校からの友達が泊まりにきていて
なんとも散らかったボクの部屋で寝袋にくるまれて寝ている。
ぶっ続けで働いていたボクはと言うと
手首の骨がぽこっと丸く突き出た部分を蚊に刺され
「おまけに・・・」といわんばかりに刺していきやがった「太もも」「首筋」のかゆみで目を覚ます。
寝れたのは、たったの1時間。

小さい頃から、よく蚊に刺される体質だったので
なれっこではあるのだが・・・寒い時期をあけて
ようやく夏だと思う、この気持ちのよいタイミングで蚊は現れる。
そんなもんだから、この気持ちのよいはずの季節は、そう恋いこがれる季節ではなくなってしまった。

先週の土日に和歌山のアドベンチャーワールドにいってきた。
「動物がみたい」という大前提で色々と悩んで
嫁に丸投げして選んでもらったプラン。かなり最高やった。
人生最大級にキャッキャした髭面、ホームレス風な俺。
写真を見返すと少しは清潔感も必要だなーと思い知らされる。
(ホームのゴミ箱あさってそうなんす)

写真は随時アップするとします。

さて、うちの会社には漫画部があり、
会社に行くと机の上にドサッと漫画が置いてある状況。

今は
1.少年少女ロマンス 著:ジョージ朝倉
2.ホタルノヒカリ
を読んでいます。

終業後(0時ぐらい。笑)に
デスクに座ってストーリーにソワソワしながら熟読しているボクを見てか・・・
ボクの部下の机の上に働きマンが並んでいました。
こんなボクは悪影響だろうか・・・。まぁ、漫画も必要です。(職場に必要かどうかは置いておいて)

さ、1時間の仮眠後、早めに出社して企画を2本ぶっ込みます。



a0042120_2141338.jpg

[PR]
by nanook_mdfc5 | 2007-05-31 05:24 | 日記
no.511 寝ずの番
寝ずに看病だのと意味あっておきているわけではない。
0時から藤井不幸の助とおしぼりで下ネタ作らせたら右に出るものはいないMr.原と下らない話で朝まで飲んでいた。

我家でジャッカス・ザ・ムービー2を閲覧しーのビール飲みーの、
原さんがベランダでタバコすってたら隣の家が大画面でAVみーの、
男優の手の動きがやばくはえーの、大爆笑で腹筋肉痛ですわ。

で、寝ずにボクは朝7時半の列車で大阪を目指します。
初パンダおがみにいきます。
今年一番の盛り上がりをみせることは必須。
楽しみ白浜。

藤井モテない之助と下ネタ・オブ・ザ・イヤー26年間連続受賞の原さんを我が家に放置して
大阪へと旅立とうと思います。ではではー
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2007-05-26 05:39 | 日記
no.510 人と会う
TRANSPARENCE「透明」
という意味らしい。
先日買った後藤繁雄氏の日記でそう説明されていた。
この本では彼がH.I.V患者を巡り対話を重ねてきた体験と会話が多く記録されている。
ダムタイプの古橋さんとの手紙も掲載されており、
とても心に沁みる内容だった。

身体の抵抗力は日に日に落ちていくのに
感覚としては日々、身体の不純なものがそぎ落ちていく感覚。
ボクらは菌だらけでいつでも彼らを毒してしまう。
逆にぼくらが病んでいる錯覚をおこす。
ドンドン透明になって絶命するのではなく「透明」になる。
全てになる。自然になる。

そんな印象を受けた。

後藤繁雄は10数年前にこの透明になっていく
患者たちの感覚を「天使化」と表現する。


さて、もっぱら読書とアイデア出しにあけくれる毎日。
今日は仕事を抜け出して渋谷でとある打ち合わせをしてきました。
仕事以外の活動でちょっと会っておきたい人だったので
めちゃくちゃ話がはずみ面白い2時間でした。
今後、ディレクター/エディター/プランナー/ライターのどれか、もしくは全てにおいて一緒に活動していくかもしれません。なんしかボクは好印象でした。

同じベクトルを持つ人と出会えることは奇跡に近い。
そんな人たちと一緒にワクワクするのなら奇跡は起こるに違いない。

人と会うことで可能性が広がり、
新しい価値観/視点を得ることが出来ます。
映画を見た後に見る前とは少し違う感覚になる
あんな感じに近いです。

さー明日は朝から撮影です。
寝ます。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2007-05-24 02:48 | 日記
no.509 inanimate nature
a0042120_194238.jpg

はさみでブツリと切ってしまえる、この青いラインを
何十億万人の人々が利用する。

感情や言葉を
画像や動画を
真実や虚実を

いつわりの”つながり”を提供することで
目に見えない液晶ディスプレイの中に
新しい世界を構築する。

そこでは全てが混在し、
嘘も本当も表も裏もない
人間が作るものは、
「子供」から「インターネット」まで
動物から非道物までを創り上げる。

誰もその”つながり”を疑わず
偽りの”つながり”に無我夢中で
道ばたの花や優しい風や流れる雲を見逃してしまう。

ある日、
ブツリとボクらが作った”いつわりのせかい”を断絶したら
世界中は真実を見失う。

足下にある真実を
身体をなでる真実を
空を流れる真実を
その時はもう”それ”が”真実”だとは気付けない。

今、世界は二つに分断されている気がする。
その中間でボクらは漂って
ある人は溺れて
ある人はのうのうと過ごす。

それを少し高台で眺めている。
そんなことを思ってシャッターをきる。
ボクらの真実はどっちだろう。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2007-05-22 01:20 | 写真
no.508 幻想を漂う
a0042120_031225.jpg

今日はアイデア出しと空を見つめて幻想に漂う1日。

ふらふらと
考える。

強迫観念に迫られたって良いアイデアはだせない。

そうそう今日会社に三冊の本が届いた。
読む本がなかったのでがばっと購入。
全て後藤繁雄著。

「TRANS-PARENCE」
「独特対談」
「太陽は笑っている」

締めて2000円!!やす!!
全部買ったら8000円くらいします。
また本の虫になること必須。
寝不足必須。


さてさて、
帰宅して1時になるところ。
あと1時間くらい仕事して寝ます。

最近、「プロ」という意識を強く感じます。
新卒が入ってきて、どうにも悪い意味で「学生」だな、と思う。
そこから1年の月日がったったボクらが意識するのは今の仕事において「プロフェッショナル」であること。

相手に笑顔で「いいね!この企画!」と頷かせてあげるのがボクの仕事のひとつ。
そして、その企画がクライアントに有益であることももちろんだが、その企画を体感した人が笑顔で納得してもらうことが「プロ」として必須なのだ。

適当に仕事をこなす5年と隙間を与えないくらい詰め込んだ5年は、
相当違うと思います。パンパンにつめこんだります。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2007-05-22 00:43 | 日記
no.507 馬
今日はうちの会社のメンバーで大井競馬場にいってきました。
はじめて馬券を買った。単勝しかわからへんから一頭入魂で応援しました。
お金儲けとかのためにやるんじゃなくて”頑張れ料金”みたいな感じ。
馬に愛着を感じます。勝てなくても「よく頑張った!!」ってなるんがいい。

他の客がレース後に大きい声で「もうちょいがんばれよー」って怒ってた。
なんなら君が走ってみなさい。1キロ強を数分で走りきる馬たちを誉めなさい。

馬は目がキラキラしていて動物なのに車みたいに早くて
ジョッキーの人らは昔の騎士みたいに格好良かった。
レース前の演奏もかっこよかった。
近くで見たら皆、おじいさんで驚いた。いけてるよ。

最終コーナーを砂煙を起こしながら競争している風景は圧巻だった。
ゴール前まで繰り広げられる接戦は固唾をのんだ。
一生懸命なことは、なんてかっこいんだと馬を見て思った。

あんなに早く走れる馬はすごい。
お金儲けにしか脳のない人間もまたすごい。

今日はよい休日でした。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2007-05-20 23:41 | 日記
no.506 なにもないね
a0042120_0453223.jpg

目を覚ますと1個目の講義が開始される、まさにそのタイミング13時。
目黒駅のロータリーに腰掛けて始発を待ってから布団に飛び込んだから、
恐らく5時か6時に寝たのか。毎週こんな感じだ。

急いで準備をした。
寝癖は帽子で誤摩化して
いつものジャージを着てイヤホンから音楽を流した。

くるりの『ピアノガール』を聴きながら
電車に乗って表参道におりたった。

真面目に昼寝もせずに講義を聴き終え、
青山ブックセンターを徘徊し、
スパイラルレコードで5年ぶりのアルバムをリリースした
The Cinematic Orchestraの新譜を買う。

The Cinematic Orchestraはヒゲのオススメで聴き出して惚れ込んでる人たちだ。
架空の映画を想定して作られるその楽曲は、ボクらの脳味噌でしか映像化できないロマンチックな音楽だ。”撮ってしまう”ことで失われる美しさがある様に、自分の心の中だけの思い出が美しい様に、彼らの音も聴く人にしか見ることのできない、それぞれの美しき映像を生成する。

って読書(聴音)感想文はここまでにしといて
今日は色んな人を見た。
1日中ひとりでいたものだから、とってもたくさんの人を観察した。

首に5つくらいの根性焼きがついた男の子を見た。
ボクが青山ブックセンターで立ち読みをしていたら
横に並んで読み出して、ボクより幾分慎重が小さい彼の首もとをマジマジと見てしまった。
彼はかなりのお洒落小僧で素でマジマジと見続けていたら視線に気付いて目が合った。

首元を右手でさすりながら笑ってるのか泣いてるのかわからない表情を見せ、
ふたたびボクらは立ち読みを再開する。
人は誰でも様々な過去を持ち、引きずったり背負ったりして今ココにいる。
彼の友達のお洒落男女複数人が彼の名を呼び、彼は笑顔で何やら話して店を出て行った。
自動ドアが開くタイミングで彼は癖のように首元を手でさすった。

原宿まで歩いて山手線にゆられて目黒に降り立つ。
ドラフトワンを片手に酔っぱらったお爺さんが、若い女性にキスをしようと抱きつこうとしていた。そのたどたどしい動きの酔っぱらいの抱擁を見事に上半身だけの動きでかわした。
まるでプロボクサーのような身のこなしにボクは一人「おぉぉ」と声をあげてしまう。
でも、そんなすごいことなかったかのように女性は去って、周りの人も何も無かったかのような顔つき。

今日も1日のどこかでシャッタ−をきった。
でも、それがどこだか思い出せない。
写真をみて、
あーここかと思う。そこにその時の感情も乗せて。

タンスを整理してたら
大量の写真が出てきた。
いつ頃から写真を撮り始めたのか思い出せないくらい。

借りっ放しの漫画を読んで音楽を聴いて日記を書く。
まっとうな休日だ。
何も無い東京で
ボクは息をする。
吐き出す空気は目に見えないように
東京で生まれるたくさんの感情や瞬間も目に見えないのかもな。
なにもないようでいて
自分が何も感受しようとしてないだけなのかもな。

部屋の掃除をしながら
慌ただしかった東京での日々をふりかえる。
未来がまったく蜃気楼でも
明日を笑顔で向かえることの蓄積でもって
どうでもいい不安を踏みつぶす。
そうやって日々を過ごしている、今日この頃。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2007-05-20 01:36 | 日記
no.505 忙しい人であること
忙しい人であること
苦労を口にしないこと
なるべくたくさん笑うこと
なるべくたくさん笑わせること
楽しいと思ったことを信じること

逃げないこと
戦うこと
予想を覆すこと
期待を超えること
自分を超えること

人の目を気にしないこと
自分の目を信じること
誰かを守ること
誰かに守られること

一歩でも前に進むこと
立ち止まってもふり向かないこと
後悔しないこと

思うがままであること
あるがままでいること
自分に嘘をつかないこと
あらゆることに興味をもつこと
できない、と思わないこと

仕事とかに忙しいではなく
生きることに忙しく一生懸命でさえあればいい。
そこに結果はついてくると思います。

今日も朝帰り。
楽しいことが一番です。
おまけで二日酔いもついてきます。

a0042120_2141338.jpg

[PR]
by nanook_mdfc5 | 2007-05-19 05:30 | 日記
no.504 ovaqe blog
人間どこで評価されるかわからんもんだね。
普通に生活してて高評価を得たり、
気にもせずにとった行動が悪評になったり。
難しいもんだ。

すべてをうまくやろうなんて考えないで
結局、あるがまま、なすがままに生きるしかないんだな。

評価は結果に過ぎないと思うので
これに浮かれず無視する勢いで自己成長に精進します。

↓ボクのアンテナにひっかかった情報のスクラップです。いわばボクの脳内です。↓
a0042120_2141338.jpg

今後、新しい記事をアップしたら貼ってきます。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2007-05-18 02:20 | 日記
no.503 techno stress
a0042120_013637.jpg

title:technostress

ちょーひま。
amazonで後藤繁雄の本を三冊買った。
たったの2000円だった。
ボクが必要としているものは、
誰かにとって使い古されてしまった
意味を忘れられたものなんだな。

そこら中のものに意味を感じて
与えて大事にいかないと
ただ無意味に顎を動かして
味も意味も感じずに過ぎ去ってしまうね。

ご飯も情報も咀嚼して
全てを出来るだけ意味のあるものに変えていきたいね。

あーひま。早く本届かないかな。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2007-05-17 00:05 |