text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
果て
a0042120_0184019.jpg

東京を離れる数週間前に友達たちと
静岡を目指した。
別段、これを見たいというものもなく
夜中から永遠に車を走らせて
空が白らんできたころに駆け出した浜辺は
どこか世界の終わりのような美しさだった。

防波堤に乗って見渡した風景は
一面の水面で荒々しい白波が目の前まで迫ってきた。
その頃抱いていた
わずかな疑問は僕の中で肥大化し、
結論に至る。

人は気付かぬふりが上手な生き物だ。
それまでの日々を否定する訳でもない。
でも、見て見ぬ振りを振り返ったときの
自分の姿が残念で物悲しくなる。

決して真実だけを追うのが人生ではないが
自分に正直に生きることは
誰かに迷惑をかける結果となっても
やはり正しかったと思えるのであれば
僕はそれを選ぶことが自分らしく思った。

これからもずっとそうだけど。
自分が自分らしくあれるよう
自分の選んだ道が正しいと迷いなく言えることは
僕自身へのけじめなのだと思う。

今僕の脳裏に見えているヴィジョンはすべて現実に還元しよう。
そうなればいつぶっ倒れたってかまいやしない。
たぶん僕の投げかけなんかでも
世界や他人の人生は大いに輝かせることはできる。
野心ではない、たぶんこれは希望だろう。
ソレが今、この手の中にある。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2008-05-21 00:18 | 写真
<< 観察 預言者 >>