text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
新幹線の秘密
僕が恋人とのメールにニヤついてると
隣のサラリーマンが、
(むろん、僕もサラリーマンだが)
携帯をおもむろにに胸ポケットから出し、ディスプレイを見つめてニヤついている。
覗き込むと一歳にも満たない赤子の壁紙を見つめている。

いろいろな幸せのかたちを乗せて、
様々な不幸のにおいを乗せて、
新幹線は東京を目指す。

均等に並んだ四角い無個性のマンションや
赤信号に群がる車が、ものすごい速度でもって過ぎ去る。

そんな風景を軽快な音楽を聞いて見つめているとこの列車に揺られる人々の時間だけが少しだけ未来に向けて早足なようで
列車をおりたときにはシワのひとちやふたつ増えててもおかしくはない、なんておかしい妄想が頭に広がる。

最後の一本を大事に吸い終えて、CDもちょうど一回りしたころ。
緩やかな睡魔が、やさしく僕を甘噛みしだして
シートを倒す。

静岡あたりでバタバタと雨が窓にぶつかるころ。

真っ黒な睡魔に僕の妄想ごと飲み込まれていった。

どうか品川で目を覚ましますように。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2008-04-23 17:41 | 日記
<< 東京 夜 ホテル タバコ no.701 そんな毎日。こん... >>