text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
no.692 云々
中学生の頃から使い続けてきたPanasonicのCDプレイヤーを引っ張り出してCDを再生する。
懐かしいバンドのメロディを聴きながら春のにおいがふわふわと浮いている札幌の空気を深呼吸で吸い込む。

北海道は関西や関東に比べ、
冬だけは湿気が多く、気温のわりにはあまり寒さを感じない。
自分の部屋だった場所で読むべき書物をどっさり積み上げて
フリーの仕事をやりつつ、レビューを執筆しつつ、日記を記しています。

この2年間で交友関係もそうですが、
フリーとしての活動の幅も色々と広がりを見せれた2年間でした。
本当に刺激的な人たちに会えた事が
今もこうやってガリガリとやっていられるゆえんです。

大学生の頃からか、
ジブンへのプレッシャーのかけ方を知りました。
有限実行は当たり前としておいて、
どれだけのハードルを自分に作れるか。
それって、どこまでいけるか、ってことに直結する。
どこか同い年の人たちは、社会に出てからも働くっていう意思はあるけど
「戦う」って意思は見られなかった気がする。
それは悪いことじゃないけど、主張する「何か」をもっているかいないかの差であって、ぼくにはたまたま主張したいことがあっただけの話だった。

でも、それはどちらが良いとかの談議ではなく、
それは、どのように生きたいかの自己判断なわけなので
僕自身は自分の信じる道にしっかりと頷いてあげられたことが偉いかな、と自分を誉めてみる。

この年になると、
そろそろ同級生は十人十色。人生様々だ。
年収が恐ろしい奴もいれば、やくざもいるし、風俗嬢もいれば、学生もいるし、おかあさんになるやつも、すでにバツ一なやつもいる。
皆、それぞれが自分の人生を信じてこれたのかはわからないけれど
ただ間違いなく僕の人生は間違ってなかったといつでもいえる。
じゃないと自分に合わせる顔がない。

水面に一滴の水滴をたらしたような静けさもあれば、
ハードコアのライブのように首を振りまくる顔もあり、
不細工な顔して友達と記念撮影をする茶目っ気もある。
それのどれもが自分でその適当さすら、すべて好転の一翼をになっているんだろう。

そんな自分をいつも観察するように眺めている自分がいる。
いつだってそうだ。バンドマンだったこともantの編集長だったころもasylumやっていたころもovaqeという集団を立ち上げようとしている今この瞬間も。
自分という人形にその役割を演じさせているようにそれぞれに対応して、それぞれの顔で動く。自分って言う操り人形を操る自分みたいな。

これが意外とうまく出来ていて
よくそんなに色々できるね!?って言われるけど
別に皆がやっていないだけの話でやればできる。やらないだけ。
大体、皆が驚くものごとは皆の未体験ゾーンなだけであって、それが凄いというわけではない。
ただ、皆、知らないだけ。だから、いつも知らないってことは怖いことだって念を押す。

未体験が多いほど人生は楽しい。
だって、それぞれに驚きと新しい調べと感動がある。
ただその一つ一つを手当たり次第にやっているだけの話だ。

それ触ったらかぶれるかもしれないよ!?って言われるものにも
触ったことがないから触ってしまうみたいな。そんなイメージ。
でも、それでかぶれても、どれだけ痒い!とかどんな風に痒い!って皆が知らない情報(これはいらないけど)が知れる。それに触ってかぶれなくても、これはかぶれません!って言い張れる。

知らないことを知ることが一番の快感だろうなー。
そうやって、これかららもやっていきたいなー。
さて、レビューの仕事します。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2008-03-21 15:46 | 日記
<< no.693 ジャムさん no.691 おやすみ >>