text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
no.683 物語
いろいろなことが怒濤のように巻き起こり、
過ぎ去った2008年のスタート。

この金、土、日は、それらをしっかりと見つめ直し、再確認し、
そして、新しい物語の始まりのような暖かな休日だった。


物語には困難や試練がひしめき合っているんだろう。
でも、そんなことすら気にすることすらなく冒険をはじめた。
いや、昔から始まってた?


お互いの傷を受け入れて、それを癒してさ。
歩き疲れて息が荒くなったら、今日はここにテントをはろう。
凪ぐ風を受け入れるようにあらゆる困難を越えていこう。
この物語の結末が世界の終わりでも
ヘラヘラ笑って世界の終わりを受け入れよう。
降り注ぐ鉄の槍には、鋼鉄の日傘でもさしちゃおうか。


神様のいたずらか、
もしくは神様のご褒美かもしれない、この人生を
持て余すことなく全力で抱きしめていこうと電車に揺られて思った。


いろいろな人を巻き込んで僕らはどこへ行進するんだろうね。
それがわからないから人は生きるのかもしれないね。
一人で生きるのが怖いから誰かと寄り添いあうんだろうね。
道なき道を歩いているけど
くだらない話やくだる話を朝まで繰り広げて
大きな風呂敷にたくさんの夢を背負っていこう。


僕のキャラバンは、
停滞を許さない、一所不定。
僕と出会った人は、たぶん被害者だ。そして、僕が加害者。
わくわくしたらそこで僕の勝ちだ。
もう巻き込まれたと諦めて、えへへと笑ってください。


今日は久々にovaqeの和也と飲んで
将来の話と積もりまくった、ここ1年間くらいの話で
あっという間の2時間だった。

「スバルといるとわくわくするね、なんか頑張らなきゃって気がする」

すごい嬉しい言葉とともに負けるもんかと
もっともっと加速させていく。和也も10代の頃からの僕の被害者?かもしれない。
それと同時に僕も彼の被害者だ。世界は違えど負けたくない仲間がいるって、とても幸せな気持ちになった。


会社の先輩が、良い言葉を教えてやるよ、と僕にくれた言葉。
転職へのはなむけだって。


『慣れは停滞を生み、停滞は感性を奪う。』


その言葉は僕の思想そのもので
本当に良き理解者だった先輩に頭が上がらない。

誰の言葉ですか?と聞くと
「え?ジャンプ。少年ジャンプだよ。」
だって。w
30歳の先輩が少年ジャンプを読み。
さらに少年誌にこんなにも素晴らしい言葉が掲載されているなんて
日本もまだまだ捨てたもんじゃない。

さー物語は始まったばかり。
共に行こう。共に泣こう。共に笑おう。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2008-03-02 23:33 | 日記
<< no.684 教科書 no.682 退屈な1分 >>