text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
no.679 代償
気になる映画が何本か。
a0042120_2423254.jpg

『アニー・リーボビッツ』
もう終わってしまったかも。DVDで見てみよう。
a0042120_2434821.jpg

『おそいひと』
重度身体障害者が犯罪を犯すと世界はどうなるのか。
物議をかもす内容だろうけど意味のある投げかけだと思う。
さぁ、どこでみれるだろうか。
音楽はworld's end girlfriend。

---

バスが過ぎ去るのを鼻で笑い飛ばす朝10:00。
東京の交通網は、異常なほどせっかちで
それを利用する人々も何かおいしい餌でも待っているのかと
疑うくらいに急ぎ足で満杯の電車やバスに乗り込む。

あと10分も待てば、ね、ほらすぐにくるのに。
それを知っている人たちがガラガラのバスでゆったりと
風の流れを眺めている。

少しずつ減ってきた東京での僕に残された仕事。
人は必要とされて輝く物だと再確認できた。
退屈は人をだめにする。

今日、ちらりと読んだテキストに

「やりたいことがなくってグダグダと過ごすことは良いけれど
 何かやりたいことが薄らとでもあるのに行動しないやつは、一番だめだ」

それにひどく共感して自分のギヤをもう一段シフトした。

帰りに電話をしながら、気がつけば白線の上を歩く癖。
白線を落ちたら地獄の八丁目。
でも、なんだ今なら地獄でもヘラヘラと笑ってしまいそう。
そうか、ここが地獄か、なんて観光気分で。

落ちることに恐怖を抱かない。
危ないのかな、どうなんだ?
そう義務教育で植え付けられただけの気もする。
ただドキドキしない日常を静かに終えるという未来は、
どうにも受け付けがたい。

今年は自分の知らなかったこと、見たこともないところにいってみる。感じてみる。言葉に出す。
年始早々、自分と向き合う時間が、さらに僕を加速させていくのを感じる。
同時に僕の周りでも様々な変化が巻き起こっている。
映画みたいな人生って、映画みたいな決断をさけているだけなのかもしれない。
いつだって、スクリーンに映される世界に魅了され、圧倒され、恋いこがれているのに自分の人生と言う名の映画は、自分でC級映画にしているようだ。

変えるのはいつも自分。
自分が変わればまわりが面白くなって
その世界に同じような仲間が増えて個性豊かなキャストが並ぶ。
変化を恐れて何を得るのか、何を知るのか、何を感じるのか。
変わってみないことにはわからない。
その角を曲がれば新しい風景かもしれない。
なら、行ったことのない道を選ぶほか、劇的なことは起こりえない。
映画を見るのにお金が必要なように
見たことない人生をむかえるのも、同様のリスクが伴うことを忘れてはいけない。

それが「時間」か「お金」か、もしくは「命」か。
いつだって差し出すさ。面白くなるならさ、なんだっていいだろ。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2008-02-26 02:47 | 日記
<< no.680 合併!したい no.678 "so... >>