text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
no.672 並走する世界
a0042120_15444351.jpg

体育館から聞こえるバスケットボールをつく音。
やさしいリヴァーブ音を街に響かせている。

吹奏楽部が少し間抜けな音を土曜日の昼下がりに解き放つ。
公園ではおじいさんたちが釣りをしながら、ワンカップを大事そうに口に運んだ。


僕の鞄には時間が時間を放棄してしまった世界を描く、
そんな小説が入っていて
今、自分が触れている世界は紛れもなく一方通行の世界。
時間はまだ生真面目に時を刻んでいる。

ブランド物のバックから
どでかい化粧鏡を取り出して化粧をなおす女がいる世界。

はげたおっさんが遠い目をして外の景色を眺める世界。

それを後部座席から見つめる僕がいる世界。

決して交わることなどない複数の世界が、ぎゅうぎゅうに
なぜかこのバスに偶然にも詰め込まれている。

バスが終点にたどり着き、
たさくんの世界が解き放たれるように他人行儀で消えていく。

そして僕は終点で友達2人の世界と合流し、
1日ばかりの並走を試みる。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2008-02-17 15:48 | 日記
<< no.673 BBS no.671 Lao Tse >>