text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
no.671 Lao Tse

---


30本のスポークが1点に集まり車輪となる。
しかし、車輪の本質をなしているのは
それらの間の空間である。

壷は粘土でできている。
しかし、壷の本質をなしているのは中の空間である。

窓と扉をそなえた壁が家を構成している。
しかし、家の本質をなしているのは壁に囲まれた空間である。

原理:物質は実用性を有し、実体のない部分が本質をなす。

老子 (Lao Tse)


---








しばらく休ませていただいた数日間で
いろいろと向き合わなければならないことに
いち個人として向かい合っていました。
僕のこの選択は良いか悪いかでいくと
おそらくは悪いんだと思う。

それと同時に
自分という存在としっかりと対話した。
僕が悪なら、僕は悪とともに生きていく。

そんな悩みの中、
いろいろと相談にのってくれた皆には
ご迷惑をおかけしました。
ありがとう。そして、ごめんね。

目の前を移り行く日常に手一杯な中で
老子の言葉を手にしたときは、
一から生まれ直せと言われた気分だったけど。
うまくは言えないけれど、
自分の気持ちをそこではじめて開いた気がする。
これが僕自身かとぞっとするくらいだった。
けど、それが僕だった。


久々に言葉を記す。
ブログは休んでいたときもアクセスがすごくて。
あぁ、やはり書かなければと思いました。
気にしてくれた皆。ありがとう。

自分の選んだ道に後悔しないよう。
震える足で前へ。
僕は僕とともに。
信じる方へ進んでいこうと思います。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2008-02-15 23:48 | 日記
<< no.672 並走する世界 少しの間、さようなら >>