text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
no.664 あたまのなかのことば
ぼんやり歩いている。
夜があっさりと朝に捕まりそうだ。
僕も朝に捕まらないように夜の洞穴に逃げ帰るように家路を辿る。

今日はにゃんこにも逃げられた。
家に着く頃には夜にも逃げられた。
たった3時間の睡眠を大事にだっこするように
深く深く落ちていこう。

疲れが身体にしみ込んで
あらゆることがおいつかない
時代は僕らに何を求めてるんだろ
どうしてここまで皆、突っ走るんだろう
本当はのんびりでいいんじゃない?

でも、なんでか僕らはせかされる
激しい音楽に鼓膜がやられて
眩しい光に目をくらまされて
手探りで前へ進む

どれも間違いじゃない
だれも正解じゃない
街角のタバコ屋のおじさんが
どれだけ退屈だろうと
僕より忙しいサラリーマンが
線路に飛び込もうと
そうだ!お前が正解だ!なんて
だれもいいやしない

だから僕らは何かを疑うより
その先のちらりとみえる、なんだかよくもわからない未来を
まるで宝くじか賭博ポーカーのように
ギャンブルめいた足取りで進む

部屋をあけると
そこはいつもどおり
冬の凛とした冷気がここまでも・・・
少しがっくりしながら時計を見る

あぁ朝がくる。
忙しさのあまり汚れきった部屋を掃除もせず
僕の歩いた軌跡に服が転げ落ちる
このまま僕も深い眠りに転げ落ちて
また明日というなんでもない1日をリスタートするんだろう

目標もなく
ただ盲目のように何かを信じて生きることは
どれだけつらいことか
せめて自分や君たちを信じて笑えることだけが
あぁ、なんだこの退屈な日常を彩っているんだね。

なんとなく
ただ、なんとなく
僕をとりまく皆の顔が
朝が差し込んできた天井にうっすらと見えた気がした。

おはよう
そして、おやすみ
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2008-01-31 05:00 | 日記
<< no.665 秋野不矩 no.663 絶対美 >>