text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
no.622 極東の漂流者
放浪する少年たち。
放浪する少年ふたりがバスの中で丸くなるように寝ていた。

どう人を欺くか、
少年らしからぬ会話と
欺かざるをえない状況なのが見て取れた。

偽りの事実を二人のなかで真実に錬金し、
明日の生活を確保する。
そうしなければ生きてゆけない。

一人が身を起こしイルミネーションが彩る街を眺めて
もう嘘なんかつきたくない
と言葉をこぼした 
もう一人は聞こえているだろう
だが、うなだれたまま空中を見つめる。

本当は嘘なんか大嫌いなんだけどね
また一言言葉を放つ。

それは誰に向けてでもない自分に向けた言葉のようだった。

バスが揺れ車内の蛍光灯がちらついた。
一瞬の明滅のあいだに
二人の少年が消えてしまいそうな
そんなあやふやでひ弱な存在。

少年たちはうなだれたまま。
機械的な女性の声が渋谷への到着をつげた。
極東の島国で漂流する。
漂流するのは少年たちの未来。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2007-12-16 02:38 | 日記
<< no.623 仲良し no.621 休日 >>