text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
no.608 古本屋で出会った
a0042120_23595243.jpg

フランスの"purple"から結構前にリリースされだ本"Elysian Fields"を駅前の古本屋見つけた。
これは、完全に僕の嗅覚が反応した一冊。
本棚の奥の方にちらっと見えたカバー写真。
「この写真、高橋恭司じゃないかなー」と思いつつ手に取ると、
やはり"kyoji Takahashi"と印字されていた。

内容はほぼイメージ。
高橋さんの写真がカラーで10数ページ展開し、
様々な国のアーティストの作品が掲載されていた。
yanagi miwaさんの作品もあって、日本人へのフォーカスの仕方がpurpleっぽいなと思ったら出版元が"purple books"。やっぱり。

家に帰って検索すると本国では入手できる本らしく、
どういう流れで日本に流れ着いたのか。

本自体は結構、くたびれていて
中はエディトリアルデザイナーのエゴ的なデザインも垣間みれるんだけども『300円』という破格値に速攻レジへ。
店長に「コレと同じ出版元あったら押さえといて!」って念押ししといた。
「ぱーぷる?」的な反応だった。知ってる人には価値のある一冊。
知らない人には300円のゴミ。
ラッキー。

帰って値段を見たら日本円で7000円もした。
なかのドローイングや写真、ビデオ画像をキャプチャした作品が気になる。
しかもCDもついていて、かなりいいセンス(オムニバス)。
CDクレジットみると"Sonic Youth"だって。そして無名の日本人の名。
ここを並べてしまうPurpleのスタッフのアンテナは、素晴らしいものだなーと、一人頷く。

明日から忙しい日々が始まる。
再出発的な印象が強い(HIGH5のおかげか)
明日も明後日も面白いことだけ追求しよう。そうしよう。

今日は本に呼ばれて外に出た、みたいな不思議な一日だった。
おやすみ。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2007-12-03 00:02 | 日記
<< no.609 日常のひとひら no.607 HIGH5 >>