text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
no.601 雪虫の秘密
a0042120_23563212.jpg


赤ちゃんの夜泣きが壁越しに聴こえる。
「KYTE」の音楽がそれを音の一部として優しく包み込む。
Sigur Rosを彷彿とさせる光のような音。
美しいガラスのような透き通った声が0時の部屋に溢れる。
これが20歳の仕掛けた音だと思うといつだって窓口を広げてすべてを吸収しなきゃと焦りを感じる。喜びも悲しみも全てあるがままに受けとめたような、そんな音。

音楽は素晴らしい瞬間も悲劇のどん底も等しく"美しく"奏でる。
本当に不思議だ。だからこそ芸術の領域なのかもしれないな。

久々にこっちのブログを少しだけいじくった。
600回を超えたことは自分でも驚きだ。継続は力なり。

今日は打ち合わせの帰りに
ふわりふわりと浮遊する「雪虫」を見かけました。
もこもこの毛を蓄えた雪虫は、いつみても空の上の方を目指す旅人みたいで
彼らを見かけると決まって「雪がふる」合図なのだ。
今年こそ、たくさんの雪を降らせてくださいね。

なんかこう勝手なイメージだけど
雪虫って肩に棒を担いで
その先に旅道具一式を詰め込んで旅してるイメージ。
世界中の空をもこもこと浮かんで
ロンドンや中国やロシアやブラジル、
アイルランドに北極圏。
世界のあらゆるところをマイペースに浮かんでは沈んで
色々なことに想いを巡らせて
今年の人類はどうだったか。。。なんて診断されてるかもしれない。
そんで世界の天辺でケツをかきながらTVを見ている神様に
凄い高いトーンで「今年は駄目駄目でした!」なんて人類の診断書をいいつけているんだ。
絶対そうだ。

そしたら神様が変なスイッチを押して
今年は雪お預けジャーなんて

いっちゃったりして。

そんな妄想をこしらえてたら眠くなってきた。

写真は中目黒を散歩中見つけたあからさまな不法投棄。
でも、お洒落スポットに投下されていて逆に真新しい。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2007-11-26 23:56 | 日記
<< no.602 皇国の守護者 about >>