text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
no.529 修羅場オブ・ザ・イヤー
テキーラ祭りの花金で記憶も曖昧で気が付けば12:00、家。
風呂場から音が聴こえる。シャワーの浴びる音。
恐る恐る扉を開けるとシャワーが出っぱなしだった。

便座の上にキレイに置かれている俺の眼鏡。
なぜか眼鏡を丁寧に便座の上に置いているにも関わらず
シャワーを切らずに寝ることを選択したようだ。
あー頭がガンガンする。
テキーラ x 5
生 x 5
コロナ x 4?
テキーラスイッチ入った時点で酔いがきた。
ツッツンが乳揉まれまくってた。おもろかった。

少しずつ記憶を取り戻しつつ
あまりに天気がよろしいので
急遽、多摩川飲み会を決行。

友達みんなにメールを送りつけ、
ブラブラと歩いて出発。

14:00に多摩川に到着し、
うっかり原さんと大学生の一団を尾行し、多摩川へ。
その集団は大学生の合コンかなんかのようで
ひとり頭の中であいのり構成図を展開して遊んでいました。
今見ると大学生って子供のようです。

あごの出たわたくしの友人がビールとご飯を買ってきてくれました。
今思い出せば買ってきてもらったお菓子やビール系のお金払ってません。
まー彼は本日が給料日と言う情報を得ているので問題ないとお思いますが。

多摩川には肌が真っ白なぽっちゃりオッサンが、
何を取り違えたかダイエットの前に日焼けを選択し、
残念なヌードビーチ化しておりました。
しかし、川沿いの風はちょうど良いくらいの涼しさで
京都の鴨川を思い出します。
(ちょうどその頃、京都では準之助、ひげ、ちえこがBBQしてたんだって)

ビール飲んで下らない妄想を原さんとかきたて
フィッシュマンズをスピーカーから垂れ流し音楽によっておりました。
ケラケラ笑っていると顎の出た友人のうたっちが参戦。
ボクらのハイレベルな下ネタをなんなく受け入れるあのキャパ。
次の飲み会も招集されること間違いなし。
原さんのレベルの下ネタが飛び交っていたのがおもろかったなー軽くアンアンだった。

川にはですね、
魚が飛んでいました。
ぴょんぴょん。トビウオ!?なわけないんですが、
アレ級に飛んでました。
あと小さなネッシーを見ました。ほんとうです。
手のひらサイズです。

それとその日は、いろいろなことがありました。(おこしました)
詳細はかけないけどね。うん。
よくもわるくも変わらなきゃならんことはあると思うので
おいてけぼりのホコリのかぶった感情をぶるると振るわせて
ホコリを落としたみたな。いや−修羅場でした。笑
ドS。俺、ドS。

で、弊社の三国志・曹操こと坂木さんがスイカを買ってくるというファインプレー。めっちゃ甘かったなー。そして、この金も払ってねー。すまん。

んで、お好み焼きが食べたかったので
自由が丘の・・・何て名前だっけ・・・ぶりぶり?いや、下品すぎるな。
ごっつい?・・・まぁーいいか、おいしかったー。
財布空っぽなの忘れて喰ってたわー。

そこで衝撃的な事実も発覚し、
まぁプライベートなことなんで書けませんが、
黒っす。黒っすよ。

その後、原さん家でさし飲み
『或る旅人の日記』を見て
散歩して帰宅。

ぐっすり寝た。
そして、今。ぶらぶら歩いて仕事してきます。
あー雨だ。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2007-06-24 16:41 | 日記
<< no.530 踊り出す洗濯機 no.528 焦り >>