text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
no.527 若かりし!!
中学生だった頃や
高校生だった頃、
大学生だった頃。

そんなことをなんだかモヤモヤと思い出しています。
なんであの頃は、どーでもよくベランダでボケェと空を眺めるくらい
何もない日常だったのにこうも今は輝いて見えるのか。

どうして、あの時の感情が
10数年たとうという今でさえ
生々しく脈打つのか。

ボクの人生の全てを知るのは
もちろん自分だけなんだけど
ボクの100を知るボクの分身みたいなやつと
酒を酌み交わし、懐かしんだり、しっとりとした気持ちになったり、
ケラケラ笑ったり、してみたいなと思った。

できもしないことを
梅雨のつま先のじっとりした夜に
空に浮かべてみる。

こうやってときどき
人生を振り返るわけじゃないけど
心の思い出箱から
ホコリのかぶった写真を引っ張り出しては
物思いに耽ったりしている。

どーも
今の僕では解決しきれない感情が
あるんだろう、と思う。

だから、決まってこの季節に
両手イッパイの昔話を部屋にぶちまけて
手当たり次第に思考して
結局、今年もわかりませんでしたね。と自分に話しかける。

ただ時々、やっとわかった時がきて
スッキリとして忘れられるときがある。
そうやって昔では整理しきれなかった感情を何年もかけ
吸収していく。

そうやってボクらってば、
やっと”大人”になるんだねぇー。

明日も仕事です。寝るとします。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2007-06-21 01:54 | 日記
<< no.528 焦り no.526 黒い靴と白い靴底 >>