text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
no.491 日常の足あと
a0042120_045241.jpg

仕事を頭の片隅に。
休日の散歩にくりだした。
片隅においているんじゃなくて"忘れられない"のだ。
携帯のバイブも聞きたくない。でも、手放すと仕事にならない。
この1年間、仕事を忘れたことがない。完全なるワーカーホリック。

最近の愛機となっているPENTAX ME superを片手にぶらぶらと目黒を歩いた。
今日は天気がよく公園から音楽が聴こえてくる。
ぐねぐねと町中を練り歩いていると
住居と住居の間に忘れ去られてような公園があって
そこでしばらくぼんやりとしていた
何も考えず、カメラを構えたり、ブランコにのったり、
ベンチで空を見上げたり

蝶がふわふわひらりと空を舞い
小さな蜂が少し恐くなる羽音をたててボクの周りを旋回していった。
今日の暑さは春を通り超えて夏の香りすら感じる。

腹が減ったところで丁度、目黒駅だった。
モスバーガーで飯喰って企画をほんの少しだけ詰めて
また歩き出す。今度は中目黒。
中目黒の「温故知新」で働いている?はずのsacを覗き見しようと思ったが、あいにく不在。
最近、よく足を運ぶカフェカウンターでノートに企画をしたためること1時間。時計は5時をまわろうとしていた。

ここまできたのなら・・・と代官山まで歩く。
いつもの上り坂を超え、おしゃれぶった街「代官山」では
ボクのボサボサヘアーといつものジャージが嫌に浮いて見える。
お洒落を忘れた昨今の自分を恨む。
ボンジュールで試聴しまくり、結局何も買わず店をでる。
K48がリリースされていて買いかけたけど4800円は払えまい。。。

そして、ブラブラとまた歩き出す。
昨日見た「深呼吸の必要」を思い出す。
あの映画のメッセージがなんだか異常に今の僕にかぶる。
そういう人は、たくさんいるんだろうな。共感しまくりの1本。

髪でもきるか・・・と思い立ち
いつもの店に電話。
19:00ならOKよ、とのことでブラブラと美容室を目指す。
髪でもきって気分でも変えようと思ったんだけど
人に髪いじられたり
シャンプーされていると
どうにも眠たくなって
終始半目。

いっつも「おまかせ」なので
美容師を悩ませてはいるが、
ココは腕が良い。おまかせがいっつも期待以上。

いつもの美容師にサヨナラを告げ
恋愛写真の再々映画化された
「ただ、君を愛してる」を借りてみる。

恋愛系映画はイギリス産に限る!!と自負するボクですが、
この映画の原作は本当にいいんです。
本では泣けないのだけれど
この原作は目頭が熱くなりました。

んで、映画だけども原作越えならず!!って内容でした。
でも、良い映画。2時間ドラマで十分な印象だが、良い話。

泣けた本といえば
西加奈子の「さくら」が唯一泣けた。
犬系に弱い。

なんだか適当にぶらぶらと過ごした1日で
結構、ストレスや悩みがはげ落ちた気がする。
こうやって部屋で音楽を聴きながら
意味もない今日のメモを記す時間が最高だ。

5月の下旬には1週間くらい休みをもらって
少し旅行でも行こうかな。
カメラが趣味の域を超えつつある。

写真って素敵だなー
人間は2個の目ん玉しかないけど
カメラという機械は、いつもと違う視点を考えさせる。
どうでもよいと見過ごしていた瞬間を愛おしく思う。
写真って深いね。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2007-04-30 01:26 | 日記
<< no.492 ぶつくさ no.490 念にも似た、この感情は >>