text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
no.467 東京亜熱帯
家に帰ると『東京ゴッドファーザーズ』がやっていた。
この映画はボクの大好きな映画だ。
色々なキラキラが結びついて最後は大きな光になる。
主人公はキラキラとは、ほど遠いホームレスだ。
アニメにも関わらず人間が本当の人間らしい。

『泣いた赤鬼』の話がいいの。
やさしいやさしい赤鬼は、
村人と仲良くしたいのに皆は怖がって近づきもしない
それを見た青鬼は、一計を案じる。
青鬼「おらが村人をいじめるけーおめぇが俺をやっつける!そうすりゃ、村人はおまえを仲間と認めてくれるわいやー」
赤鬼「なるへそ!!」

そこで青鬼は村人をいじめる「悪役」を演じ、
赤鬼は村人を助けるふりをするのです。
村人は赤鬼をいいやつとして認め、
青鬼は赤鬼と仲の良い所を見られると演技だったのがばれるといって
村を離れるのです。

んーなんて青鬼の友情が底なしなんでしょう。
人情ですね。鬼なのに。

映画もそんな人情の塊です。
見逃した方は観るのだ!
愛と人情、昔ながらの日本映画の魂を感じる映画です。



そして、今日は亜熱帯のような東京。
大雨とジメジメ。
地球が少しずつ駄目になってる。
駄目にしてるのはボクらじゃないの。
明日のために今日何かを始めなきゃね。
サヨナラ東京亜熱帯を目指しましょうね。


あ、東京ゴッドファーザーズは、エンディングがすばらしい。
きらきらときらきらが集まって素晴らしい終わりです。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2007-03-06 03:44 | 日記
<< no.468 世界規模の孤独 no.466 速度?変化?睡眠... >>