text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
no.448 スーザン・ソンタグの言葉から
スーザン・ソンタグの言葉から


しばらく引きづりそうな風邪の残り香が喉にまとわりついている。
体調はそこそこましになったかな。

昨日は帰ってきて部屋を掃除し、気が付いた頃にはなんと朝の4時を迎えていた。
寝る前に本を読むのがもっぱらボクの習慣となっている。日記を書いて本を読んでねる。
だから直前まで読んでいた文脈から感じてきた話題をこの日記にも引きづりこむような毎日。

気が付けば本をもったまま寝ていてた。
開かれていたページはスーザンソンタグの言葉。

若者へのアドバイスと題されて下記の言葉が綴られている。

「検問を警戒すること」

「本をたくさん読むこと」

「言葉のスラム街に沈みこまないように気をつけること」

「動き回ること」

「暴力を嫌悪すること」

「笑うこと」

「屈辱をはねつけること」



晩年の彼女が東京で行ったシンポジウムを収録したものから抜粋だ。
彼女の思考や活動、発言に興味をもったのは奇しくも彼女が亡くなって行われたシンポジウムが行われてから数日後のことだった。

彼女が書いた本はまだ「写真論」しか読んでいないが1年中には全作品を読んでおきたいと思う。彼女の思想自体に頷けるかどうかは少し不安だけどボクらが失いかけている価値観や問題意識を強くもつ人だと思うんだ。

開きっぱなしの本を枕元において綺麗にしすぎた部屋に自分自身でぎょっとする。
風邪をひいたときは変なトランス状態に陥って単純な作業まで徹底してやってしまうよね。
少しの居心地の悪さを感じながら洗濯機を回す。
空は真っ青で選択にはもってこいの朝だ。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2007-01-27 12:50 | 日記
<< no.449 美しい人 SMALL HOMES >>