text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
no.391 人生ハンドメイド
欠片をほろほろと落としながら自転車を漕いでいるのです。
何を落としているのかは、さすが早くて確認できないけれど
たしかにボクからこぼれ落ちている何かなのです。

時間があっという間に過ぎ去って昨日、ボクらが立っていた光景に全く違う誰かさんが立っていて期待に胸を膨らませ大きく何かを語りだした。

一人で黙って頭を研ぎすませば、あぁ1年前のボクが抱いていた感情は、ああやって無意識の間にボクからこぼれ落ちていたんだと気付かせるまでいたる。

そして河原でじーっと流れもしない流れを見つめていると無性に空虚な気持ちになり、
頑として失うつもりのなかった感情までを
この広すぎる世界の狭すぎる東京で落としてしまったことにどっと疲れがのしかかった。

自問自答。

それすらもままならない生活に落とし物なんて気にせず過ごすことを強いられる。
時計の針は待ったなしだし、周りの環境も随分先をいっているように見える。

あれがしたい!は誰かが既にやっている東京。
打つ手なしで深く深く落ちていく。
そうやって東京は窮屈になり、今に至るのか。

絵を描く。
これが今の砦。
自己表現の根幹。
自問自答の繰り返しからでしか自分のクリエイティビティは生まれないし、

自問自答で自分を知る。
何が大事か気付く。
自分に気付く。

今のボクは誰かに操られている人形みたいだ。
だから一つ一つの問題を解決していくしかない。
それでしか上を向いて歩けない。

散文をさらに分散。
脈略のない言葉。
でも、今のこれがボクの生活。

本当、人生ハンドメイドだ。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2006-10-05 02:46 | 日記
<< no.392 むしゃむしゃナイト £Å   9   ⊆|Å   ... >>