text × sbr(ovaqe)
by nanook_mdfc5
カテゴリ
全体
日記
写真

夢日記
未分類
// about me
HITSPAPER
mixi
sbr press
fotologue
my mini city

// my friends
think out loud (nobu)
Allegro (aoi)
Geg's note (geg)
julife LOG (julie)
プリンのように (プリン少年)
green (czech)
23 (coppe)
揺れる柳の木 (g.)
以前の記事
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ふと思い出した
目を閉じると光が残像して

目の裏っかわに焦げ付いたみたいだ。

それはいつも高ぶる感情を抑えて伝えるべき相手が目の前にいて

とってもシンプルな関係だった

その光はただのステージライトだったかもしれないが

周りのメンバーがステージへとあがる

最後に出て行くのが3年間での決まり事だった

最後に1人。上の方を見て目を閉じると

不思議なくらい高ぶった感情とやさしいまどろんだ感情が混ざりあい

最高の気持ちでライブが出来た。

その光を

ふと今

思い出す。

あそこでの僕と聴きにきてくれた皆とメンバーと箱のスタッフとの関係は、

最高にシンプルで潔い関係だった、単純でバカバカで気持ちがよい。

今は、わかりずらくて混乱してたけど

あの光は自分の光だと思って今を歩もうと思います。

でも、あのなんとも言えないくらい優しい光に出会えたことは、最高の幸せなのかもしれない。
[PR]
by nanook_mdfc5 | 2006-07-06 02:34 | 日記
<< no.341 『速い』『遅い』... no.340 太った? >>